西御門サローネ
西御門サローネ HOME > 西御門サローネについて

里見弴(さとみとん)

1888年(明治21)7月14日
〜1983年(昭和58)1月21日
本名:山内英夫

 

昭和2年 個人蔵

明治、大正、昭和にわたって活躍した作家里見弴は兄の有島武郎、生馬とともに、芸術家兄弟といわれています。天賦の文才は白樺派の同人達や、師泉鏡花との交流のなかで開花し、生涯にわたる創作活動から数々の名作を発表しました。
代表作には『善心悪心』『多情佛心』『極楽とんぼ』などがあります。1959年(昭和34年)文化勲章授章。1971年(昭和46年)『五代の民』で読売文学賞受賞(二度目)。

鎌倉とのかかわりは明治にさかのぼり、父の別荘が由比ケ浜海岸ぎわに建てられたことに始まり、里見自身は大正13年から御成町、西御門等、鎌倉の各所に住み、扇ガ谷が終焉の地となりました。

 

里見弴 略年譜

 

明治21年 七月四日、父有島武、母幸子の四男として横浜に生まれる。生後すぐに母方の山内家の養子となる。本名山内英夫。実父母の膝下で兄弟とともに養育される。
明治26年
5歳 父が辞職し、家族とともに鎌倉の別荘に隠棲。別荘は鎌倉郡西鎌倉村乱橋材木座(現、鎌倉市由比ガ浜四丁目)にあった。
明治27年
6歳 父が第十五国立銀行世話役となる。
明治28年
7歳 赤坂区仲ノ町小学校に入学。父が、日本郵船監査役、日本鉄道会社専務に就任。
明治29年
8歳 麹町区下六番町(現、千代田区六番町)に転居。番長小学校に一時転籍後、学習院初等科三年級に編入。
明治32年
11歳 祖母山内静子が死去。
明治33年
12歳 学習院中等科にすすむ。
明治35年
14歳 この頃から、泉鏡花の作品に親しむ。
明治36年
15歳 兄武郎がアメリカへ留学。
明治38年
17歳 兄生馬がイタリアへ留学。
明治39年
18歳 学習院高等科にすすむ。
明治41年
20歳 回覧雑誌「麥」をはじめる。
明治42年
21歳 東京帝国大学英文科に入学するが、まもなく退学。バーナード・リーチにエッチングを習う。
明治43年
22歳 「白樺」の創刊に参加。
明治44年
23歳

「河岸のかへり」を発表。北原白秋主催の「朱欒(ザンボア)」に「入間川」を発表。

大正元年
24歳 「手紙」を発表。
大正2年
25歳 「君と私と」を連載するが、原稿紛失のため未完となる。十月家出を実行、大阪の山中家に寄寓。
大正3年
26歳 「白樺」に「勝負」を発表。以後「白樺」には執筆しなかった。「東京朝日新聞」に「母と子」を連載。稿料をえる。
大正4年
27歳 「晩い初戀」を発表。山中まさとの間に長女夏繪が誕生するが夭折。「夏繪」を発表。十二月まさと結婚。麹町に所帯をもつ。
大正5年
28歳 麹町区山元町に転居。『善心悪心』を刊行。中戸川吉二を知る。
大正6年
29歳 「妻を買ふ経験」「銀二郎の片腕」を発表。長男洋一誕生。
大正7年
30歳 次男鉞郎誕生。四谷区右京町に転居。
大正8年
31歳 吉井勇、久米正雄、田中純と「人間」を創刊。次女瑠璃子誕生。
大正9年
32歳 「父親」を発表。
大正10年
33歳 はじめての戯曲「新樹」を発表。逗子の新宿に転居。白醉亭と命名。
大正11年
34歳 「人間」終刊。三男湘三誕生。
大正12年
35歳 兄武郎死去。関東大震災にあい、一時、麹町下六番町に住む。「椿」を発表。「白樺」廃刊。
大正13年
36歳 『多情佛心』を刊行。鎌倉に転入。江ノ電、旧大町駅付近に居住後、蔵屋敷に転居。(以後、没年まで鎌倉の各所に住む。)
大正14年
37歳 四男静夫誕生。
大正15年
38歳 西御門に転居。
昭和6年
43歳 『安城家の兄弟』を刊行。
昭和7年
44歳 明治大学文芸科教授に就任。(十三年まで)
昭和11年
48歳 雪ノ下に転居。
昭和12年
49歳 「金(かね)」を発表。小町に転居。
昭和13年
50歳 西御門に転居。
昭和14年
51歳 泉鏡花死去。
昭和15年
52歳 菊池寛賞を受賞。原田熊雄から『西園寺公と政局』に関する文書の校訂、整理を依頼される。岩波書店版『泉鏡花全集』の刊行開始。編纂責任者となる。小町に転居。
昭和21年
58歳 「十年」を連載。
昭和22年
59歳 芸術院会員となる。
昭和25年
62歳 原田熊雄述『西園寺公と政局』を刊行。
昭和28年
65歳 扇ガ谷(現、鎌倉市扇ガ谷二丁目)に転居。
昭和31年
68歳

『戀ごごろ』で読売文学賞を受賞。

昭和33年
70歳 「彼岸花」を発表。
昭和34年
71歳 文化勲章を受賞。
昭和36年
73歳

『極楽とんぼ』を刊行。

昭和46年
83歳 『五代の民』で読売文学賞を受賞。
昭和48年
85歳 まさ夫人死去。
昭和49年
86歳 岩波書店版『新版鏡花全集』の編纂委員となる。兄生馬死去。
昭和52年
89歳 自選による『里見弴全集』全十巻の刊行開始。(五十四年完結)
昭和57年
94歳 書画集『垣のぞき』を刊行。
昭和58年
一月二十一日死去。享年九十四歳。

参照:鎌倉文学館発行『特別展 里見 弴 平成6年6月10日(金)〜7月24日(日) 鎌倉文学館』(パンフレット)